Blog

子宮インナービューティセラピーのご感想

 

昨年モニター様を募集させていただきました
子宮インナービューティセラピー

 

ご協力くださいました皆さま、ありがとうございました。

 

 

1回目では殆どのクライアント様が、
「身体が軽い」と
感じていただく事が多かったようです。

滞っていたものが、巡り出すのを実感していただけたようでした。

 

身体が内から温められ、巡り出し、見た目もスッキリとされて、施術の効果を実感いたしました。

 

現代の女性は、身体の内側の血管、筋肉などが凝り固まっています。さらには、骨盤の内側にある、女性にとっては大切な臓器である子宮、卵巣までもが、こり固まってしまっているのです。(女は毎月生まれ変わる/三砂ちづる著)

 

原因は運動機能の低下、姿勢の悪化、ストレスなどが上げられます。
 
 
内側から目覚める自然から離されていくような医療の在り方、社会にも問題もあるのではないかと思います。
 
 
社会が凝り固まっていると
三砂ちづるさんも著書の中でおっしゃっていました。
 
 
この内側のこりは、なかなか自分では気付きにくいもの。
 
 
女性は子宮を温め、骨盤の開閉リズム、骨盤の内側を柔らかい状態が、気持ちの柔軟性や柔らかな在り方と、本来備わる女性の受け取り力とも繋がっていると感じます。
 
 
子宮は女性である
深い深いあなたの宇宙
🌒🌖🌗🌘🌑🌒🌓🌔🌙
 
 

女性が自分自身と繋がっていくと深い愛を感じ合えるパートナーと繋がります。

 

 

あなたの愛が巡り出し

周りへ拡がります。

愛の循環です。

 

内側から輝く美しさには
周りを幸せにするパワーがありますから。

 

女性はそれだけでいいんじゃないかなぁと
思います。

 

何かしなきゃ
愛されないって
思っている女性が多いですからね。

 
歓び・悲しみ・怒りなど
感情も、創造性も子宮に眠らせてしまっていたり。

 

外側に求める前に
自分自身と
自分宇宙と繋がってみてください。

 

 

子宮インナービューティセラピーで、深く癒され
柔らかく軽やかな
ご自身を思い出していかれ
ますように。
 
 
女性の内なる目醒めを
応援します♡
 
 
 
❥子宮インナービューティセラピーは、
タイ伝統医の施術法である子宮マッサージをベースに、 骨盤調整のテクニックを取り入れた、SOL式子宮施術です。
着衣のまま行うセッションです。

 

 

モニター様のご感想
の中からご紹介させていただきます。

 

(たくさんいただいたのに全て載せられず
ごめんなさい。)

 

〜〜❖〜〜❖〜〜❖〜〜

 

M様より

 

 

昨日も素敵な時間をありがとうございました。初めての子宮セラピー。
真利さんに触れられた身体の箇所から感じるパワーが凄くて、深い呼吸を意識しながらただ身を委ねていました。それがまたとても気持ち良くて心身緩々になりました。

 

施術後ですが、子宮が何かに包まれているような感覚でした。夜になって、生理前のような若干チクチクする感覚があったかと思ったら、真利さんがお話しされていた通り、キレイな生理の残り血が出ました。子宮がクレンズされたのでしょうか。
ふわふわな心地よさの中、とても深い睡眠でした。

 

1日経った今日は、膣あたりから温かい感覚とふわふわがまだあります。体調もすこぶる良いです。
とても暑い日でしたが、夕方に和ハーブ玄米カイロで子宮を温めながらリラックスしました。こういう小さなケアが大事だなぁとつくづく。

 

子宮セラピー、出会えてよかったです。身体が感動、子宮が喜んでいます。

 

また来月もよろしくお願いいたします。

 

 

 

2回目のセラピーについて。
まずは真利さんのファーストタッチの温かさとパワーの凄さには改めて驚かされました。触れられた箇所からふわぁっと優しい光が入ってきて全身に巡っていくような、極上の感覚がありました。また、今回は完全に全てを委ねることが出来たからでしょうか、心地よい浮遊感がありました。どこか違う場所にいるような、時が止まっているような不思議な感覚。そして着地したあとは心身温もりに満たされて感動しました。

また、今回のセラピーで一番感じたことは「私だって女なのだ」ということでした。セラピーで癒された子宮は、女性であることを再認識させてくれたようです。そして、女性として愛され満たされることは必要なことなのだと。この先ずっとずっと。実はそれは私が心の奥底で常に大事に思っていることでもあり、求めていることなのだと思いました。深い気づきでした。

施術から1週間、体調は至って良好です。子宮はまだふかふかとして温かさを感じます。生理が遅れているのは、この感覚の中にもう少し浸っていたいからかもしれません。

 

 

3回目を受けて

 

ピンク色のサロン扉をくぐった先は、身体も心も一瞬にしてほどける安心する場所。まるで肌触りのよいブランケットに包まれて何かに守られるような。そしてセラピストの真利さんの声や雰囲気も癒し。3度目のセラピーもそんな心地よい空間で極上の施術体験でした。
横になり、目を閉じると、真利さんの温かな温かな手により身体の全てが解放されていきました。「心身ゆるゆるになる」実はすごく大事なことだけれど、自分に余裕がないと中々出来ないこと。真利さんの手から伝わってくるエネルギーは頭の中がクリアになり、深い呼吸を導き、心が落ち着き、自分の自然な状態になります。その状態で行う施術は、身体の隅々まで呼吸が入り、全身伸びる開放感がたまりません。回を重ねるごとに骨盤が整ってきたこともあり、今回は突っかかりも少なくなり身体の動きがスムーズに感じました。また骨盤が整えられたことにより、施術後は子宮が温かくふわふわした状態が続いています。また、今回の生理も生理痛は無くキレイな鮮血でした。整えていくと子宮は変わると実感しています。

 

今回の施術で一番感じたのは、その日の夜、鏡に映った自分がとてもキラキラしていたことです。子宮をケアしてあげると、目に見える輝きが内側からちゃんと出てくるのですね。巡りをよくし、心がワクワクする日々を送り、安らいだ自分でいる。女性で在る自分を大事にしたい。子宮セラピーはこの先も続けていきたいです。

 

 

 

〜〜❖〜〜❖〜〜❖〜〜

 

ご参考になさってみて
くださいね♡

 

 

 

お読みくださり
ありがとうございました。